読者の皆さん、こんにちは!当ブログ記事では、ゲームとギャンブルについてお話ししますが、ゲーマーではない方でも内容を気に入っていただけるかと思います。ですから、ぜひ引き続きご覧になってみてください。

一見、ギャンブルとゲームは違うモノのように見えますが、実際にはこの2つは同じものです。以下にて、実例と数字を参照しながら、詳しく見ていきましょう。

さて、ギャンブルでは、ゲームをしたり、実際のスポーツにお金を賭けたりしますが、ただ楽しむためにゲームをする場合、同じギャンブルゲームでも、単純なゲームとして機能します。いずれにしても、ギャンブルとゲームは密接な関係にあります。だからこそ、ギャンブルがゲームに似ていると言っても間違いではないでしょう。

ゲームとギャンブルの融合

ギャンブルとゲームの違いの一つして、プレイしている際にお金を賭けないゲームもありますが、同じゲームでギャンブルをしたり、お金を賭けたりすると、ギャンブルゲームになるという点です。ゲームとギャンブルが融合しているため、専門家の中にはこの2つの言葉を同じ意味で使っている人もいますが、私自身はこの2つの用語を使い分けるようにしています。

ゲームとギャンブルの最大の違いは、ゲームでは自分のスキルを使ってゲームに勝ちますが、ギャンブルでは賭けたお金で勝利するには運が必要だということです。言い換えれば、スキルを身につけなければゲームに勝つことはできませんが、ギャンブルに必要なのは運だけなのです。

ギャンブルにおける幸運と不運

運が良い限り、ギャンブルでは勝つことができますが、ゲームではどれだけスキルがあるかが重要なので、運の役割は非常に限られています。違いは、結果を出す方法にあります。ギャンブルではスキルによって結果を得ることはできず、ゲームではスキルによって結果を得るといえます。

たとえゲーマーの皆さんと意見の相違があったとしても、ギャンブルは何よりも偶然の産物だと断言します。最近のゲームアクティビティにはギャンブルが含まれており、両者の関連性が強まっているのは事実です。正直に言えば、ほとんどすべてのゲームがギャンブル可能であり、そのため多くのゲームにギャンブル機能が備わり、その逆もまた然りなのです。

ゲームよりもギャンブルに近いアクティビティ

ゲーミング(ギャンブルに特化していないゲーム)よりもギャンブルに近いアクティビティは、昔に比べて一般的になってきました。もっと簡単に言えば、どのように活用するかによって、ゲーミング的なギャンブル、もしくは、ギャンブル的なゲーミングのどちらかに分類できるでしょう。では、ギャンブル的なゲーミングとは一体何でしょうか?例えば、お金を賭けることを目的としたゲームをプレイする場合、ギャンブル的なゲーミングをプレイしていることになります。

他方、ゲーミング的なギャンブルというと、ギャンブル的なゲーミングとは逆の発想になります。ただし、これらの2つのエンタメは、無視できないほど大きく重なり合っている可能性があり、近年、急速な成長を遂げている、ということを断言しておきます。